巡礼の地知多半島 四国直伝弘法八十八ヶ所めぐり やすらぎと出会いを体験尾張八十八ヶ所霊場めぐり

ホーム寺紹介トップ


メイン画像
宝池山
西山浄土宗
阿弥陀如来
1493年(明応2年)
東海市大田町畑間175
0562−32−0539

常蓮寺は室町時代末期の明応2年(1493年) 取空慶公上人によって開かれ、江戸中期本堂の再建と観音堂を建立、江戸後期梵鐘建立、江戸末期(幕末)大阪より十六羅漢掛け軸を寄進(東海市文化財指定)、昭和62年本堂の再建、歴代の努力によって現在にいたる。
尚、山門を入って左側の宝きょう印塔は、開山上人、五輪塔は「如意来さん」として親しまれ、東海市の民話に掲載されている。大田七塚の一つである。

このページのトップに戻る
前のお寺さんへしきり次のお寺さんへ
お知らせ
四国直伝弘法大師とは?
会長挨拶
巡拝の仕方
各寺紹介
和尚さんと歩く健康巡拝
グッズについて
関連リンク
問い合わせ
愛知県にある尾張四国八十八ヶ所の地図をWeb上でご案内いたします。


キャンペーントップまいろう君とは?新着情報会長挨拶四国直伝弘法大師とは?巡拝の仕方各寺紹介
和尚さんと歩く健康巡拝グッズ関連リンク問い合わせ

背景下段