巡礼の地知多半島 四国直伝弘法八十八ヶ所めぐり やすらぎと出会いを体験尾張八十八ヶ所霊場めぐり

ホーム寺紹介トップ


メイン画像
生路山
曹洞宗
阿弥陀如来坐像
1528年(享禄元年)
愛知県知多郡東浦町生路狭間105
0562-83-2636

1528年(享禄元年)惟信忠公和尚を開山と伝わる。1942年(昭和17年)常照庵を常照寺と改称する。
国道366号線より東浦町体育館へ向かう坂道の中腹を左折し、石柱の門より桜と楓の古木に囲まれた境内を通り本堂へ入ると、本尊阿弥陀如来、左脇間に直傳弘法大師が祀られ参拝者や壇信徒をいつでもお迎えされています。

このページのトップに戻る
前のお寺さんへしきり次のお寺さんへ
お知らせ
四国直伝弘法大師とは?
会長挨拶
巡拝の仕方
各寺紹介
和尚さんと歩く健康巡拝
グッズについて
関連リンク
問い合わせ
愛知県にある尾張四国八十八ヶ所の地図をWeb上でご案内いたします。


キャンペーントップまいろう君とは?新着情報会長挨拶四国直伝弘法大師とは?巡拝の仕方各寺紹介
和尚さんと歩く健康巡拝グッズ関連リンク問い合わせ

背景下段